スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

極め炊きNP-VL10の口コミ情報

炊飯器を買い換えることになって、
いろいろ見てみました。
その中で一番気になったNP-VL10についての口コミを調べてみたので、
ご紹介したいと思います。


「以前は、象印の圧力タイプのを使っていました。
美味しく炊けるし洗いやすいし、
満足しています。
でも炊きたてでフタを開けた瞬間の、
米粒の立ち具合やふっくら感は、
前の方が良かったように思います。
それと、少な目の水量で炊いても、
ベチョっとした感じがするような気もします」

「これまで使っていたのが古くなったので買い換えたのですが、
お米が光っていてるし美味しいしで、すごく満足しています」

(ここまで)


炊け方の感じ方は、
個人によってだいぶ違ったりしますよね。
以前にどんなのを使っていたのかなどでも、
変わって来ると思いますし。

NP-VL10(楽天市場)
NP-VL10-TD(アマゾン)

極め炊きNP-VL10が安い通販

たくさんの通販サイトの価格を見比べて、
極め炊きNP-VL10が安い通販を調べてみました。


その結果、
いま、極め炊きNP-VL10が一番安いのは
楽天市場に出品されているこちらでした
【送料無料】象印IHジャー炊飯器 「極め炊き」 (5.5合) NP-VL10-TD ダークブラウン (NPVL10)


比較のために他のショップもご紹介しておくと、
たとえば大手だと
・Amazon
NP-VL10-TD
・楽天市場
NP-VL10
という感じになっています。

最安値付近のショップは、
数円単位でしのぎを削ってる感じですね。
一方、最安値と比べたら2倍近い価格設定のショップもあったりしますが……。

旧モデルからの変更点は?

2014年モデルである極め炊き NP-VL10ですが、
2013年モデルのNP-VD10とはどこが変わったのでしょうか。

調べてみた結果、
どうやら
「機能は変化なし」
のようです。

型番だけ変わってモノ自体は何も変わってないというのは、
家電製品だとよくあるケースですね。


「同じなら、値段次第では旧モデルを選ぶのもアリかも」
と思って、旧モデルの価格を見てみました。

アマゾンの場合、こういう状況でした
NP-VL10 NP-VC10 NP-VD10

旧モデル(NP-VD10や2012年モデルのNP-VC10)の方が、
ちょっと安くなっていますね。

NP-VL10(楽天市場)
NP-VL10-TD(アマゾン)

「豪熱沸とうIH」と「うるつや保温」

極め炊きNP-VL10は、
沸騰後も強火で炊きつづける「豪熱沸とうIH」によって、
お米のうまみ引き出してくれます。

また、保温に関しては
30時間美味しく保温してくれる「うるつや保温」、
温かいご飯を食べれる「高め保温」
があります。

5.5合炊きということで、
「たくさん炊いたのに残っちゃった」
というのも、よくありますよね。
そういう時、保温メニューが充実してるのは便利ですね。


炊き方に関しては、普通に炊くほかに、
白米や玄米の栄養素をしっかり引き出してくれる「熟成炊き」メニューもあります。
また、「パン(発酵・焼き)」メニューでは、
発酵から焼き上げまで手作りパンができます。

NP-VL10(楽天市場)
NP-VL10-TD(アマゾン)

炊飯器のIHとマイコンの違い

炊飯器でよく目にする「IH」とか「マイコン」という言葉ですが、
それぞれ以下のような仕組みになっています。
(NP-VL10は、IHです)


・マイコン
釜の下にヒーターがあって、
そのヒーターで熱する。
炊き上がりが早い。

・IH
IH加熱コイルによって、釜全体で均一に加熱します。
釜全体を一気に加熱できるのが特徴です。


極め炊きNP-VL10は「豪熱沸とうIH」というやつです。
沸とう後もIHの高火力で炊き続けることで、
お米の旨みを引き出しつつ、芯までふっくらと炊いてくれます。

NP-VL10(楽天市場)
NP-VL10-TD(アマゾン)


1